梅安亭日乗

「TOKASUどこか遠い空の下で」を改め「梅安亭日乗」としました。

エアコン騒動  

8月6日(金)
下の写真は5日の夕方に撮ったもの。最近はずっとこんな感じ。

この時間で
43度

特に先週の木曜日の夜は風もなく、夜中になっても暑さが衰えることはなかった。もちろん眠れるはずはなく悶々とした一夜を過ごしたのである。
翌日、朝一番にスーパーマーケットの「アル・カンポ」に行き、エアコンの買い換えシステム(アンダルシア自治政府が補助金を出しているースペイン版エコポイント制度)を使って、新しくエアコンを買うことにした。
実は僕の寝室には10年前に取り付けたエアコンがあるのだが、今回こちらに来て動かないことを初めて知った。その時はまだ大して暑くなく、いつものずぼらさから放置しておいたのである。
「どっちみち10年も前のものだし、修理するにしてもお金はかかるだろう。この際思い切って買ってしまえ!600ユーロで三菱のエアコンとはそれなりにいい条件ではないか!」そう自分に言い聞かせて、得心したのである。
受付の女性が言うには、明日にはエアコンが届き、4日(水)には業者が設置にいくとのことだった。あと少しの辛抱だ。すっかり嬉しくなった僕は、帰り道バルでひとり祝杯をあげたのだった。
さて、翌土曜日、一日中待機態勢。一歩も外に出られず過ごしたのだが、「三菱さん」は来なかった。
翌日は日曜日。
月曜日にも来なかった。
しびれを切らして火曜日に「アル・カンポ」に直接出向いた。あいにく先日の受付の女性はいなく、男性の店員が「4日がエアコンの搬入で、設置はそのあとだ。いつかはわからない」とのとりつく島もなく言ったのだった。
さて、その4日の朝一番に「三菱さん」はやってきた。
さすが、「アル・カンポ!ちゃんとしているなあ」妙に感心して、今までの行き違いなどすっかり忘れて喜んだものだ。しかも、その日の午後には、設置業者がやってきたのである。
しかし、設置業者は今あるエアコンの室外機の場所を見て、「ここには持って上がれない」と簡単に拒否。
僕、拙いスペイン語で「でも、以前の業者は持って上がったよ」
彼、「長い梯子を持っていたのだろうが、われわれはそんな梯子はもっていない」
僕、「梯子なんか持っていなかったよ」
彼、「・・・・」
僕、「じゃあ、どうしたらいいの」
彼、「この窓についているレハ(鉄格子)を外すしかない」
僕、「あなたはレハを外したことがあるのか?」
彼、「ないけど、やれないことはない」
僕、「でも、鉄格子がないと泥棒が入ってくるかもしれない」
彼、「アルバイシンは物騒だな」
そんなやりとりの最中に電話が鳴った。
「アル・カンポですが、そちらにお届けしたのは、他所の家のエアコンで、あなたの家のものではない。ちょっと業者と代わって」
電話を終えた業者は「ということだから、今からこのエアコンを他の家に据え付けに行ってくる。あなたのところのエアコンは明日か明後日には来るはずだ。また連絡する」と言った後、彼は「どちらにしてもレハを外さないとね」と念を押した。
彼はきっと足場の悪い屋根に上るのが怖かったのだと思う。実際、以前の工事の時、「この兄さん、こんなところ上るなんて、よくやるな!」と感心したことを思い出した。

こんなことがあって、結局、僕はアルカンポに行きキャンセルの手続きをした。

暑いときは、何度も沐浴をすべし(インドネシアでの教訓)。扇風機もなかなか効くじゃない。

category: スペイン

tb: 0   cm: 0

エアコン騒動追記  

8月17日(火)
珍しく朝夕と雨が降った。おかげで涼しい。
さて、前回エアコン騒動のことを書いたら、何人かの友人からご心配のメールを頂いたので、その後の事情を報告しておきます。
実は、あの後、寝苦しい夜を過ごした僕は、電話帳のイエローページで「FUJITSU」を取り扱っている業者を探して電話をしました。すると「明日の朝にそちらに見に行く」との返事。翌日、まあ、あまり期待はせずに待っていたが、やはりやって来ず。諦めかけていたら、昼過ぎに相手から「夕方の7時か8時には行く」との電話があったのである。期待していないとほんと嬉しくなるのが人情。「待っているからね」なんて怒りなどどこ吹く風とばかり愛想よく対応したのである。そしてひたすら待機。しかし夜の9時を過ぎても何の音沙汰もない。10時過ぎにたまらなくなって「どうなっている?」と電話をすると相手は「明日の朝には行くから」と、なんら待たしていることに対して悪びれることなく言い切った。「万事がそういう対応だからだから、スペインの経済はだめになるんだ」なんてお門違いの愚痴を心のうちでつぶやきながらも「分かった。明日待っているからね。お願いしますね」なんて歯の浮いた返事をしたものだ。
翌日、期待することもなく待っていると、その業者は本当にやってきたのである。
しかも、朝一番に!
そして室外機のある場所を見て、前回の業者と同じことを言ったのである。「このレハ(鉄格子)をなんとかしないといけないね」
「じゃあ、無理なの?」
「まあ、一応電気関係は見てみよう」
そして、電源になっている「コンセント」に計器を差し込んで電気のきていないことを確認した。次にコンセントの蓋を外して点検を始めた。
僕はこの辺の展開からかなり確信を持ち出した。エアコンが壊れているのではなく、電気がきていないのだ。スペインでは(もしかしたら我が家だけかもしれませんが・・・)エアコンの電源というのが直接コンセントの中の配線から取っていて、日本のようにそれ独自のコンセントというのがないのである。そして先日、扇風機の電源を取ろうとしてそのコンセントに差し込んだのだが、電気がきていなかった。一応、ヒューズ(これも各コンセントごとについている)を調べたのだが、切れてはいなかった。
業者は玄関のブレーカーを切ってから、配線をいじりだした。そして10分経過。ブレーカーを元に戻すと、エアコンは動き出したではないか!!
「ありがとう。助かりました」僕はぺこぺこを何度も頭を下げたのである。
まんざらでもない表情の彼は、「このコンセントにエアコン以外に何か負荷のかかるものを突っ込んだから、配線が焼ききれたんだ」と説明してくれた。
出張料金と工事とで、110ユーロ(1万3000円ほど)。でも、先日の三菱さんを買っていたら600ユーロなので、500ユーロほど浮きましたと得心。
その夜、「おやすみタイム」に設定してゆっくりと寝ました。夜中に目が覚めなかったのが嬉しくて、翌日はルンルン気分となったしだいです。
ところが、なんと翌日の晩、エアコンをつけてパソコンをいじっていたら、突然ぼたぼたと水が落ちてくるではないか。しかもかなりの量。焦った僕はバケツをエアコンの下に置きせっせとエアコンの水を雑巾で拭いていたのです。いくら拭いても止まらないので、エアコンの電源を切って、しばらくしてから、温度も外気との差を最小限、運転も微動として恐る恐るスイッチを入れてみた。すると先ほどのようには水が出てはこなかった。それでも何度もエアコンを眺めながら、びくびくしながら眠りについたのである。
そんなしだいで、今は注意深くエアコンを見つめながら、それなり快適な夜を過ごしております。
ただ、この間なぜかグラナダは猛暑から解放されていて、エアコンなしでも過ごせるのです。皮肉!!精進が悪いのかな。

category: スペイン

tb: 0   cm: 0