梅安亭日乗

「TOKASUどこか遠い空の下で」を改め「梅安亭日乗」としました。

『東電元幹部3名の被告を復興公営住宅に収容、日中は放射能汚染地域の除染作業に生涯従事させるべし』  


という判決を妄想した。
遅きに失したとはいえ、一歩前進。
東電元会長ら3人強制起訴へ、検察審議決で刑事裁判に
茶色の部分をクリックすると元の記事へ


以下のブログでは2006年の国会でアベがついた大嘘に触れている。
この「電源喪失についての答弁」を読めば、アベがいかに嘘をつき、国民の命と生活を破壊した犯罪者であるかがわかる。当然、起訴対象だ。
嘘と詭弁と暴走・・・関東軍=旧満州国の遺伝子



『巨大津波の隠蔽』については下記のブログで触れた。
すべてが金がかかるからやめる、という「拝金主義」が生み出した大人災である。
こういうのを巨悪というべし!
隠蔽されていた巨大津波被害予測





『希望の同盟国』から盗聴
盗聴が明らかになってもアメリカに抗議をしていない。
ドイツやフランスでは大問題になり、オバマが謝罪した。
ところが、我が国は舐められきっているので、謝罪も何もなし。
当事者が「真偽のほどを確かめる」とヘラヘラと笑っているマゾヒスト国家、日本。
ウィキリークス「米機関 日本政府など盗聴」







夏の盛りを経済メニューで乗り切る『ひかりもの亭』

鰯の塩焼き・・・大根が手に入ったので塩焼きにした。久しぶりの塩焼きだが、やはり王道だ。
鰯の塩焼き



しめ鯖・・・色つやが最高!ヘタなマグロよりは数段おいしい。原価は100円ほどだ。
久しぶりのしめ鯖


こちらは恒例の鯵のタタキ・・・冷蔵庫でギンギンに冷やしておくと最高だ。贅沢を言えば薬味に茗荷とか大葉とかがあればなおさら良いのだが。捌いているときに皮が一瞬で剥けた新鮮な鯵だった。
恒例の鯵たたき


親子丼だが、先日買った圧力鍋の高圧設定で炊いたご飯。表面がてかてかに光っている。1キロ140円のお米とは思えないほどの仕上がりになった。最高!
親子丼だが、ご飯を見て!






category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: --

大学生に続いて高校生も・・・  


安保法案 抗議デモ 高校生ら5000人「廃案」訴え
茶色の部分をクリックすると元記事へジャンプする

こちらはその動画


大学生に続いて高校生。
若者たち、いいじゃないか・・・自分たちの感性で、自分たちの言葉で抗議行動を組織したようだ。
おかげで元気づけられた。
願わくば、あと「フリーター」の青年たち、予備校通いの浪人たち、のデモが出てきたら最高だね。
日本の未来、それほど暗くないかもしれない。



<梅安亭はまたもや天ぷらだ・・・>
今日は少し趣向を変えて「天ザル」にした。
当然、先日の夏野菜天ぷらとは違ってエビが入っている。ほかは獅子唐=パドロン、舞茸、赤ピーマン、ズッキーニ。
エビは全部で6尾も揚げたが、残りは後日の「天丼」用のストックだ。
喰うことにこれだけ計画的だとは、我ながら呆れる!

天ザル

後ろに映っているワインは、トレース社のワインで「ヴィニャー・ソル」という。
日本では牛の首飾りがついた「サングレ・デ・トロ」という赤ワインが売られているが、その会社の白ワインである。
キンキンに冷やしておくと、辛口なのでまるで冷酒を飲んでいるかのようにスイスイと飲める。
こちらの値段で5ユーロ=700円ほどである。




category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

ごくちかい将来、大量の『下流老人たち』が生み出される  



中年フリーター:氷河期の非正社員ら、歯止めかからず273万人に
茶色の部分をクリックすると元記事へ

つい先日も最低賃金が20円ほど上がったなんて記事が出ていたが、ケタが間違っている。(上がったとして全国平均で798円)
先進国中で最低にちかい金額なのだ。(例えばフランスの最低賃金は9.43ユーロ(約1311円)、英国は6.31ポンド(約1055円)、米国8ドル(約818円)、ドイツ8.5ユーロ(1181円)といわれている)

その最低賃金で働かされているのが、非正規社員。
なんと日本の労働者の4割近くが非正規であるという事実。
この問題はいずれ日本の社会を根底から揺るがす大問題になる。




<梅安亭・本日の節約メニューはちょっとだけ工夫した鰯料理>


鰯のつけ焼き・・・1:1の割合の醤油と酢のタレに手開きした鰯を30分ほど漬け込む。両面に軽く小麦粉をつけてフライパンで焼くだけ。蒲焼きとはまた違ったいい味をだしている。ぜひお試しあれ。
鰯のつけ焼き

真ん中のワインだが、最近気に入っている「CONDADO DE TEÒN」。
貧乏ジジィにはやや高い6.5ユーロ=900円のワインだが、コクがありとにかくうまい。
以前にも紹介した「リベラ・デル・ドゥエロ」産だ。






category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: --

反貧困の戦い  



生活保護受給世帯 過去最多の約162万2500世帯に
茶色の部分をクリックすると元記事へ
上の記事を読むときに注意しなくてはならないのは、日本の生活保護者の捕捉率が極端に低くて、実際は生活保護受給資格者が3倍以上になっているということだ。

昨日のブログに書いたように中年フリーターが273万人もいるということは、今後ますます生活保護受給者は増えてくる。
というのはフリーターが国民年金を払い続けることは収入の関係上不可能で、未加入者が圧倒的に多い。しかも、たとえちゃんと満期払い込んだとしても生活保護基準をはるかに下回る受給額しかないのが現状だからである。

こうした問題をアベたち政治家は意に介していない。なぜなら彼らは二世、三世という世襲議員で、なに不自由なく育てられたボンボンであり、貧困とかには思いが至らない人種だからだ。
麻生が以前、口を滑らしたように「高齢者はさっさと亡くなれ!」が彼らの真意で、もっというと「生活保護を受給するような高齢者はさっさと消えろ!」ということだ。麻生だって高齢者だが、自分は金持ちで論外という前提でしゃべっているのである。

つぎに財界だが、ここのリーダーたちは目先の利益最大化にしか興味のない強欲な人々である。
会社の利益を株主と役員たちで山分けし、残りは社内留保で蓄えこんでいる。
富を現実に生み出した労働者への再配分なんてこれっぽっちも配慮しない。
いまや日本の大企業の執行役員クラスは億単位の収入を得ているのである。
社長報酬:従業員平均給与の28.8倍 2億1700万円


米倉や榊原、新浪、三木谷など経済界の中心人物が国の政策を審議する委員などを務めているが、その主張を聞くと、かれらは「国家百年の計」なんて壮大な理念よりも、いかに自分たちの企業に利益誘導するかしか興味がない人間ばかりだ。もっといえば、国家予算をうまくくすねてやろうというセコイ心根の持ち主たちである。あの人材派遣会社のパソナの会長に納まっている竹中平蔵を見ればよくわかる。

このように精神的に堕落・劣化した政界と財界の救いようのなさが『格差社会』を作り出しているのである。

アベノミクスで貧困拡大という真実 非正規雇用・年収200万以下・生活保護が増加


そして、こうした社会の不合理を暴き出し社会問題化して改善へ道筋を作るのが本来のマスコミの仕事だが、マスコミに従事する人間は高収入ゆえに、貧困問題の悲惨さやそれが社会にどう作用するかなどにまったく関心をもっていない。
彼らは小さい時から比較的裕福な家庭に育ち、教育に十分な金をかけてもらい、結果、偏差値の高い大学を出て、『かっこのいいマスコミ業界』に就職しただけである。
したがって、「マスコミの本来の使命」なんてものに対してほとんど意識がないか無知である。
しかも彼らの上司たちはアベによる「寿司友」なる饗応にすすんで参加している口卑しい連中だ。
トップから末端まで腐りきっていて、もはや自浄作用がほとんど期待できない。
あのNHKを見ればわかることだが、あれだけの数の人間がいても籾井なんて珍奇な人間ひとりを追放することができない体たらくである。


かくのごとく社会的弱者・貧困層を取り巻く環境はほとんど孤立無援の状態である。
本来は「労働組合」などが率先して「非正規労働者」に思いを馳せなくてはならないのだが、いまや労働組合は資本家の走狗となった恥ずべき労働貴族の餌場でしかないのが実状である。

となるとあとは自分たちで何らかの組織を立ち上げるしかないのではないか。
昨今のSEALDsのような独創的な組織が立ち上がることを夢想するのみだ。
スペインの『Mー15』やアメリカの『オキュパイ・ウォールストリート』なんてのも少しは参考になる。




眠れなくて風洞を作った!

リビングは夜の10時過ぎになると涼しい風が入ってきてしのぎやすい。ところが、以前はあったソファーベッドを処分して普通のソファーにしたために寝ることができない。なんどかうたた寝をしたが、そのたびに背中を痛めた。
だから、眠くなるとベッドのあるところに移動しなくてはならない。
ところが、つい最近そのベッドのある場所を奥の屋根裏部屋からリビング上のロフトに移し替えたのである。
当然、エアコンはない。あるのは扇風機だけ。しかも調理場の熱がもろに上に上がってきて暑いのだ。(冬は暖かくて気持ちがいいのだが・・・)
奥の部屋でエアコンをつけて本などを読み、眠くなったらロフトの部分に移動している。(といって5、6歩だが)
すると大体2時間ほどで暑くて目が覚める。
やむなくエアコンのあるほうでふたたび本などを読み時間を潰す。
やがて眠くなり、ベッドへ。
ところが2時間ほどで汗びっしょりで目が覚める。
そんなかんじで夜中に2度、3度と起きている。
当然、睡眠不足。
体がだるくて、買い物の途中にふらふらしているのである。

そこで、今日あることを思いついた。
ロフトをカーテンで覆い、奥の屋根裏部屋からのエアコンの冷気を送り込むという案だ。
さっそくカーテンと突っ張り棒を買いに行った。
図面がないのでうまく説明できないが、要は奥のエアコンのある屋根裏部屋とロフトを一体化するということである。その間はカーテンのトンネルで繋がっている。そこをエアコンの冷気が流れるという仕組みである。
エアコンを22℃くらいの設定にすると、ロフトが結構涼しい。
今晩、うまく眠れるか・・・・



<梅安亭・貧しいながら盛りだくさんメニュー!>

朝食・・・パンがなかったので、味噌汁とご飯、生卵にのり、残り物のインゲンのお浸し、茄子の揚げ煮の朝食。
朝食・パンがなかったのでご飯を食べた


カツヲの筒切りを2ユーロで買った。最初、何とか叩きにしようと思ったが、身がぼろぼろなので諦めた。やむなく漬けにした。ショック!
カツオの漬けほかは茄子の煮物、ベーコンとブロッコリーの酒蒸し、糠漬け。350円定食。
カツオを買った。たたきにするつもりがぼろぼろで


鯵を買って内臓だけとって冷蔵庫に丸一日おいたままにしていた。今更タタキとかなめろうはムリと思い、結局ムニエルにした。新鮮な鯵のムニエルはまた格別だ。
鯵のムニエル。これ一匹だと50円。
鯵をムニエルで食べた


鶏レバーと新玉ねぎのオイスターソース炒め・・・鶏のレバーは下処理で、ニンニクと生姜、醤油と酒に漬け込んでおいた。おなじみの「梅安亭レバー玉炒め」。ほかはポテサラとカツオの漬け、糠漬け。150円定食。
鶏レバーと新玉ねぎのオイスター炒め








category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: --

『忘災症候群』の日本  



「忘災」の原発列島 本当に再稼働でいいのか
茶色の部分をクリックすると元記事へ

現に「絶対安全」だと言われていたのにあの大事故がおこったではないか?
それでも「今度は大丈夫」だという。
一方、原子力寄生委員長は「わたしは絶対安全だとは言ってませんよ。基準をクリアーしたといっているだけです」だなんて・・・
責任逃れを言っている。
「絶対安全でないものをなぜ稼働する?」
学習できない日本。
きわめて当たり前の疑問がもみ消される、まっとうな理屈が通じない日本。


福島漁連が海洋放出を容認 汚染水を低減
海は漁協のものだけではないだろう。
福島から潮の流れにのって汚染物が他県にも流されてくる。
汚染が疑われる食品を食べよう!という「食べて応援!」という狂気のプロパガンダ。
放射能汚染の危険性を指摘すると「風評被害」という言葉で一大バッシング。

<スペインでデモ規制の法律が・・・>

スペイン「言論統制法」のゴリ押し
デモで賛同者を増やし一大勢力になったポデモスを敵視しての法案である。ラホイ政権はギリシャへの緊縮措置に対してもトロイカべったりの茶坊主を演じた。これもポデモスなどの反緊縮派を意識してのことだった。
警官の暴力行為や顔写真を撮るな!なんてデモへの弾圧を是認することになる。
恐ろしい表現の自由規制法案だ。





<梅安亭は屋根裏で営業中!>

あまりにも暑いので、今日はエアコンのある屋根裏部屋で昼酒となった。


窓からはアルバイシンの丘が見渡せる。
屋根裏部屋から見たアルバイシン



カレイの煮付け
カレイの煮付け


ポテトサラダ・クミン風味
ポテトサラダ・クミン風味



鶏レバーの赤ワイン煮
鶏レバーの赤ワイン煮



鯵の唐揚げ
鯵の唐揚げ



屋根裏書斎もどき
屋根裏部屋での昼酒風景




category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: --

梅安亭・夏メニュー  



暑い日々が続くが、あと2週間ほどの辛抱だ。
風洞の効果があり、昨日なんて夜中に一度も目が覚めなかった。


さて、南蛮漬けといえば鯵が思い浮かぶのだが、かの栗原大先生は「鮭の南蛮漬け」がおいしいとおっしゃっていた。
ならばと、わちきもトライしてみた。
『鮭の南蛮漬け』
初めての鮭の南蛮
うまいね!これは病みつきになりそうだ。今度はお酢をバルサミコに変えてやってみようか。




またまたフォーを作った。こちらもスープは栗原さんのレシピ。
撮影用に中身を見せた。
『フォー』
中身を見せて撮影したフォー




ひとり暮らしでポテトサラダを作ると、最後のほうが腐りそうになり焦るのだが、こんな食べ方で対応している。
『ポテサラ・サンド』
ポテサラサンド




先日買った圧力鍋は加圧状態になったときにピンが上がるのだが、そばにつきっきりでないと見過ごしそうになる。その点、分銅式のものはシュルシュルと音がして便利だ。そうはいっても高圧の設定ができるのはうれしい。それと蓋がかちっと締まり、圧力漏れはない。ご飯がこんなにきれいに炊ける・・・
『圧力鍋で炊いたご飯』
快調・圧力鍋



シマ鯵のように尾っぽが金色だった鯵。開いてみると身もしっかりしていたので、タタキではなく刺身にした。
『鯵の刺身』
シマ鯵のような鯵だったので刺身にした
やはり想像どおりで、身がコリコリしてやたらうまかった。



夏は串カツとビールが最高の組み合わせだね。
『玉ねぎと豚肉の串カツ』
夏はこれとビールだね


気分転換でテンプレートを替えました。



category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

自ら従属的立場に身を置き、身悶えして喜ぶ倒錯者・アベ  



安倍総理「おわび」踏襲へ 戦後70年談話を夕方発表
茶色の太字部分をクリックすると元記事へジャンプ

事前にアメリカに見せてオーケーをもらってから発表するそうだ。
簡単に書かれているが、おかしな話である。
主権を自ら放棄しているとしか思えない行為だ。

先日も、アメリカによる盗聴が明らかになったが、対応したのが「副大統領」のバイデンだった。
ドイツのメルケルやフランスのオランドへの盗聴が明るみに出たときにはオバマ「大統領」が直々謝罪している。

怒れ愛国者諸君!! 盗聴されて抗議できない同盟関係『山田厚史の地球は丸くない』より



<居酒屋・梅安>

芋焼酎が売っていたので、少し高いと思ったが買ってしまった。
18.5ユーロ=2600円。日本の2倍半くらいの値段になっている。
焼酎


焼酎の水割りを飲んだ感想は、想像していたほどうまくなかった。
芋の香りが薄いのとまるで甲類の焼酎のような舌触りだった。
自分は以前住んでいた屋久島の「三岳」が好きだ。
『鯵の干物、冷やしクマト=黒いトマト、鯵の緑酢、冷や奴、小茄子のピクルス』
鯵の開きと鯵の緑酢と焼酎





category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

「戦後70年談話」のマヌーバー  




「安保法制」をなんとしても成立させたいので、まあここは批判がでそうなことは言わずにお茶を濁しておこう。
いちばんの心配だったアメリカからは了解を取りつけたし・・・

こんな気分で「戦後70年談話」を発表したのだろう。
したがって、くだくだといろんなことを言っているが、どれひとつ心がこもっていない。

それだけではない。とんでもないことも言っているのである。

「日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。」


日露戦争がまるで植民地解放闘争であったかのような言い方だが、実態はロシアに代わって日本が帝国主義権益を獲得したということではないのか。

ポーツマス条約では下記のような講和内容になっている。

日本の朝鮮半島に於ける優越権を認める。
日露両国の軍隊は、鉄道警備隊を除いて満州から撤退する。
ロシアは樺太の北緯50度以南の領土を永久に日本へ譲渡する。
ロシアは東清鉄道の内、旅順-長春間の南満洲支線と、付属地の炭鉱の租借権を日本へ譲渡する。
ロシアは関東州(旅順・大連を含む遼東半島南端部)の租借権を日本へ譲渡する。
ロシアは沿海州沿岸の漁業権を日本人に与える。

この講和条約の『朝鮮半島に於ける優越権』により、日本は5年後には朝鮮を併合し、『租借権の譲渡』によって中国東北部に植民地支配の橋頭堡を獲得、後の『満州国』樹立への足がかりを得たのである。
つまり、日露戦争の勝利は日本帝国主義の朝鮮・中国侵略の重要な節目だったということで、日露戦争の勝利を讃えることは、日本帝国の朝鮮・中国侵略を正当化していることになるのだ。

まさに衣の下に鎧が見えている・・・

さらに言うと「日露戦争の勝利」が植民地支配に苦しめられたアジア諸国の独立運動家たちに影響を与えたのは事実だが、アベはそのことを『耳学問』として知ったようだ。
ところが、日本が帝国主義国家へと急速に変貌していくのを見て失望したアジアの独立運動家がいたことを、アベは知らないようだ。

孫文の神戸での講演はそのことについてふれている。
『今後日本が世界の文化に対して、西洋覇道の犬となるか、或は東洋王道の干城となるかは、日本国民の慎重に考慮すべきことである。』


アベの『耳学問』についての保坂さんの話
「戦後70年談話」で妥協しても何の痛痒も感じず⁉ 安倍晋三の浅く軽薄な思想は戦前の軍部そっくりだった
茶色の部分をクリックすると元の記事へジャンプする





<梅安亭・イベリコ豚の骨付きカルビを食す!>

イベリコ豚の骨付きカルビが450グラムが800円ほどで売っていた。
イベリコ豚のカルビ



イベリコ豚の焼肉、クマト、茄子のピクルス。焼肉のタレはこちらで買ったものだが、甘過ぎる。いつもは自分で作っているのだが、どんな味かな、とついつい買ってしまったものだ。
焼肉にしたイベリコ豚のカルビ



イベリコ豚を使って焼きそば風パスタ。上の黒いのはモミノリ。そばがないのでパスタで代用。
イベリコ豚を使って焼きそば


スーパの魚屋でおねえさんが「リンピオ=掃除するという意味だが、うろことかヒレをとったりすること?」と聞いたので、干物を作るつもりだったので「頭を落として、開いておいてください」といったら尻尾まで切られてしまった鯵
以前と同じ失敗。ひとによっては尻尾を切らないひともいるので頼んでみたのだが・・・
別に尻尾を食べるわけでなし・・・(笑い)
しっぽを切られた鯵



鯵の風干し
昨日の夕方、日が落ちてから干した。そして今朝取り入れた。きれいに仕上がっている!
朝取り入れた味の風干し










category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

「天皇のお言葉」に縋ってしか「アベ」に立ち向かえないマスコミの不甲斐なさ!  




天皇陛下が「深い反省」という言葉を強調した「お言葉」を述べられたという記事が出ていた。
「大戦 深い反省」 天皇陛下 踏み込んだ「お言葉」
茶色の部分をクリックすると元の記事へジャンプする。


この記事のなかに出てくる半藤一利さんの「ノモンハンの夏」を読むと、当時の昭和天皇と軍部の緊張関係が良くわかる。(辻政信や服部卓四郎たち関東軍高級参謀の暴走にたいして、半藤さんは怒りに震えるながらこの本を書いているのが伝わってくる。あえて言えば昭和天皇無罪論的な立場にやや首を傾げるが、全体的には、日本の軍隊の上層部がいかに無責任体制であったか、根拠のない精神主義によっていたか、無反省、思いつきで作戦指導をするか、一般兵士や現場指揮官の命を屁とも思っていないか、などを鋭く指摘している本である・・・)

日独伊の3国同盟推進へ邁進する陸軍と懐疑的な昭和天皇。
ノモンハンでの戦争拡大に突き進む関東軍や「上海封鎖」を主導する支那派遣軍の暴走と戦争回避努力を主張する天皇。

昨今の状況はまさにこの構図の延長上にあるかのような錯覚に陥る。
「歴史修正主義」をめぐるアベと平成天皇という対立構図だ。

「深い反省」という「お言葉を」を述べられた天皇は、アベたちの「歴史修正主義」に対する批判を込めた最大限のメッセージを発したということだろう。

ただ、天皇陛下の「お言葉」に縋ってしかアベたち「歴史修正主義者」の暴走に立ち向かえないマスコミのふがいなさに苛立ちを覚える。
「天皇のお言葉」が金科玉条になるという異常さに違和感を抱いた。




<梅安亭日乗>

朝7時半。薄着のままで窓を開けたら、冷気が吹き込んできた。
思わず、ぶるっと身震い。
外の寒暖計を見ると、なんと15℃ではないか・・・
寒っ!
日中も33℃くらいと快適だ。
このまま、秋がくるの?
そんなことはないだろう。

茄子とイベリコ豚との炒め物
茄子とイベリコ豚の炒め物

茄子の油通しだが、いい方法を知った。電子レンジでできるのだ。
茄子を適当なサイズに切り、塩水に10分ほど漬けて灰汁を抜く。
次に耐熱容器に入れ、上から大匙1杯分の油をかける。しっかり全体にまぶすように手でからめる。
緩くラップをして、600度で4分ほどをセット。
色も落ちずになかなかいい感じで仕上がった。

炒め物の味付けは、師匠のはるみさんの「万能タレ」を使った。
これだけだと甘いので、豆板醤を小匙2杯ほど加えた。

category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

ヨーロッパに難民が殺到!  


教皇フランシスコは「彼らは私たちと同じ男性や女性であり、よりよい生活を求める兄弟たちです。飢えに苦しみ、迫害され、傷つき、搾取された戦争の犠牲者なのです。彼らはよりよい生活を求めていたのです」と述べた。
(無宗教で反君主制が信条だが、世の中があまりにも酷いと、なんだか『教皇』とか『天皇』のほうが現世の腐りきった権力者たちよりマシに見えてくる)


連日、こちらでは「難民船」のニュースが報じられている。
テレビで放送された難民船


従来はスペイン・イタリアが最多の上陸地点だったのだが、最近はトルコ経由でギリシャに上陸する難民が増えている。

ギリシャに難民殺到、年初来13万人超
茶色の部分
をクリックすると元の記事へジャンプする



住まい追われ続けるシリアの人々―国民の半数が避難民に



悪徳密輸斡旋業者による乗船オーバでの事故も多発

移民船遭難400人死亡か=リビアから欧州目指す-伊



船転覆、700人超死亡か=北アフリカから不法移民-イタリア



詰め込みと換気不足で窒息死も・・・

地中海の難民船で40人余の遺体 窒息死か



普通に生活していたところを内戦に曝され、住む場を失った人々が難民化しているのである。
イラク、アフガン、リビア、シリア・・・・・

イラクに戦争を仕掛け、国土を焼け野原にした張本人たちは、ブッシュであり、その嘘を支持し続けたブレアー、リビアに無差別爆撃を行なったキャメロンとサルコジ、シリアを内戦化したオバマとNATOである。

彼らの言い草は『人道支援』という美しい言葉だ。
あるいは『大量破壊兵器の存在』などという大嘘も平気ででっちあげる。
そして執拗な『無差別爆撃』で国土を焦土化する。

自分たちの気に入らない国家は転覆する・・・それが『欧米のやりくちだ』

そしてかすかに生き延びた『無辜の市民』が難民化する。

ブッシュやブレアー、キャメロン、サルコジ、オバマたちは『人道に対する罪』で裁判にかけられるべきだ!




<梅安亭・デサユーノ>


トーストしたパンに、レタス、クマト=黒いトマト、ハムをのせ、マヨネーズをかけてサンドイッチにした。
野菜とハムを挟んだホット・サンド



ホット・サンドイッチの朝食
サンドイッチの朝食



栗原さんの万能タレを使って豚丼を作ってみた。
万能たれを使って豚丼



category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0