梅安亭日乗

「TOKASUどこか遠い空の下で」を改め「梅安亭日乗」としました。

ルンピニーの数珠を首から下げて・・  

今日から8月。
気分一新で頑張ろう!
なんて、殊勝な心構えになってみた。

机の引き出しを開けて探し物をしていたら、奥の方から数珠が出てきた。
ネパールのルンピニーで買ったものだ。
値段はたいしたことはなかったが、なんといってもお釈迦さんの生誕の地で手に入れた数珠だから値打ちはあるはずだ。

これをつけると気分一新のうえ、御利益があるかもしれないと、買い物に行く時も首にぶら下げて出かけた。

帰ってきてから、なんとなく気になってググってみると、数珠は首からぶら下げたらいけないそうだ。

「縁起でもない!」とのこと。

なんでも、昔、死罪を言い渡された罪人が両手を縛られていたので、仕方なく首にかけられていたからだそうだ。

せっかく気分が盛り上がっていたのに、水を差されたが、
そんな縁起担ぎをすること自体が、お釈迦様の教えに背くことである。
堂々と首から下げなはれ!という意見を読んでなるほどと得心、首から下げている。




パンがきれていたので和食の朝飯にした。
「鮭の朝定食」
豆腐とワカメの味噌汁、生卵、ナスの揚げ煮、キャベツの浅漬け、海苔。
80116朝定食




お昼は「いか焼き定食」
他は冷奴、サラダ、ナスの揚げ煮、茹でエビ。
80116いか焼き定食




夜は「冷やしとろろそば」
うますぎて痺れた!最近はグラナダでもとろろ芋が売られている。この夏、これははまりそう!
80116冷やしとろろ蕎麦






オリンピック直前・ブラジルで反政権デモ


ブラジル各地で反政権デモ
黒字部分をクリックすると元の記事へジャンプします。

上の共同通信の記事では「クーデターで追放された」ルセフ大統領辞任要求デモと伝えているが、自分が今日見ていたニュースではクーデターの首謀者で暫定大統領のテメルの追放要求デモだった。
腐敗しているこのテメルはパナマ文書にも名前が出ていた汚職で真っ黒な政治家である。
どう考えても、デモの矛先はクーデター派に向いていると思うのだが、そうではないのだろうか?

どちらにしても、アメリカが仕掛けたブラジル転覆計画だから、実情は分からないが・・・

80116ブラジル反テミールデモ


category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

夏休みがきっちりとある生活  

休暇を家族と一緒に楽しむ。
そのために働く!
まっとうな考えだ。

市場の奥の魚屋「コンチャ」。
ここは市場では数少ない冷凍物でないマグロを売っている店である。
ところが、この1週間ほど店が閉まったままだった。
「夏休み」
我が家のすぐ近くの「ミニマーケット」もこの1週間ほどシャッターが下りていた。
今日からどちらも開店。
素晴らしいよね、小商店で夏季休暇が1週間以上。


その「コンチャ」でマグロと鯵を買った。
早速、お昼は「マグロで一杯」
久しぶりのマグロだったが、少しパサパサしていた。
目利き違い・・・トホホッ
他はお豆さん、搾菜、オクラ豆腐
80216マグロで昼酒





夜に食した鯵は正解だった。身がコリコリ。
「白鯵」
半身だけ刺身にした。残りは「酢じめ」にしようかな。
80216白鯵





「レンコンのきんぴら」
80216レンコンきんぴら





昨日、コルテイングレスで「ライスペーパー」を買ったので、
「生春巻き」を作った。
何年ぶりかに作ったので巻がユルユル。
80216生春巻き






アナクロ極右が「防衛大臣」
中国・韓国を挑発し、東南アジアの緊張を高めるのがアメリカのネオコンからこのアナクロ極右に下された任務。
そしてアベは「壊憲」へと突き進む。
防衛相に抜擢された稲田朋美の軍国主義丸出し発言集!「祖国のために命を捧げろ」「後に続くと靖国に誓え」
黒字部分をクリックすると元の記事へジャンプします。





category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

マグロの山かけ  


昨日のマグロはいつものように漬けにしておいた。
以前買っておいた山芋で「マグロの山かけ」を作った。
冷蔵庫に長く入れていたので、山芋の色が少し悪いが味には変わりはない。(レンコンも同じ理由で少し黒ずんでいる)
他はマカロニサラダ、レンコンのきんぴら、人参のサラダ、鯵の酢じめ。
そうそう、マカロニサラダにヨーグルトを使ったら、しっとりとしていい感じになった。

80316マグロの山かけ






夜は「マグロのお茶漬け」
こちらも漬けにしたマグロを使った。マグロがコロコロとしているのは山かけように切ったためだ。
我が家の夏のお茶漬けは、冷凍ご飯をチーンしたものに冷やした麦茶や冷たいだし汁をかけている。場合によっては氷を1.2個載せている時もある。
魯山人先生が知ったら、腰を抜かしそうな下品なC級茶漬けなのだ。

80316マグロの茶漬け







月々1000円ほどでけっこうたくさんの本が読めるサービス


アマゾン「読み放題」、本好きがハマる超魅力 月額980円、電子書籍市場に火をつけられるか
黒字部分をクリックすると元の記事へジャンプします。


試しにアマゾンサイトで検索してみたら、お気に入りの光文社の古典新訳文庫シリーズはほぼカバーしていた。ここの本を2冊読んだらすぐに元が取れる計算になる。1ヶ月無料期間があるので試してみるつもりだ。







今日現在の時点で円は100円台に突入。いわゆる円高が進行しているのに下記の記事


寄り付きの日経平均は反発、原油高・米株高でリスク回避が一服
黒字部分をクリックすると元の記事へジャンプします。


なんとしても16000円台を死守したい、という思惑から政府系資金が投入されたいるのが実情だろう。
そのもっともらしい説明に上記のような提灯記事が垂れ流されるのである。


アベ支配下の日本の株式市場はまさに官製相場。年金などの政府系資金が株価を下支えしている。(外国人投資家にはこんな美味しい相場はないと言われている。下がりそうになったら政府系資金が入って下落を防いでくれるのだから・・・)

前年度5兆円もの損失を出した年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、今年はすでに4月から6月だけで4兆4千億円を失った模様(賀茂川耕助さんのブログより)

すべてはアベノミクスがうまくいっているかのように偽装するために株価を下支えした結果である。


アベたちの個人的な野心のために「国民の貴重な年金」が賭場にぶち込まれているのだ。


天誅・蹶起が起こらないのが不思議だ!





追記;
日経平均は171円高と3日ぶり反発、一時1万6000円割れも株価指数先物など買い戻し=4日後場
黒字部分をクリックすると元の記事へジャンプします。


16000円割れで、さあ日銀が出動するぞと、投機筋などが読んで便乗するという図式。まさに投機筋はウハウハの大儲けだ。

もし株式相場が実体経済を本当に反映するとするならば、円相場が101円台でも日本経済は十分にやっていけるということになる。

今の相場がいかに「アベクロ」によって操作された相場であるかがわかるというものだ。


category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

梅安亭・パダン料理スタイル  


昨晩の夕食だが、メインなしで冷蔵庫にある副惣菜を並べてみた。

この副惣菜を常備しておかなくてはという脅迫観念は一体どこからきたのだろうか、我ながら不思議だ。
実はあと2皿ほどあったのだが、さすがに並べるのはやめた。

この配膳スタイルを眺めていて、昔行ったことのあるインドネシア・スマトラ島のパダン料理を思い出した。
あそこでは、これの2倍ぐらいの皿が並べられて、食べたいものだけに箸をつけ、いらないものには手をつけないシステムだった。
ゆで卵の中から雛の頭などが見えているのはさすがに手をつけなかったが、どれも辛くて美味しかった記憶がある。
勘定は箸をつけた分だけ払い、手をつけなかった皿は、次の客のテーブルに並べられていた。なかなか合理的なやり方だと感心したのを覚えている。

80416副惣菜





今日、スーパーの魚売り場に行くと、鰹が売られていた。
皮がはがされた状態の切り身だったので、叩きは諦めて刺身で食してみた。

鰹の刺身
上にニンニクと生姜のおろしたのが載っている。
80516鰹の刺身



じつは下敷きに新玉ねぎをスライスしたものを敷いている。食べるときはこれらを混ぜて、自家製のポン酢をかけた。
80516鰹の刺身の下敷き




1ヶ月の休暇

行きつけの魚屋が2軒とも閉まっていた。
「バカシオネス=夏休み」
張り紙を見ると今月いっぱいと書かれていた。

すごいなあ!

素晴らしいね!


日本もこうなってほしいものだ。


category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

猛暑の日々は、あっさり味で・・・  


カレイの干物
冷凍庫にあったカレイの干物を焼いてみた。梅安干物店の干物はうまいぞ!と自画自賛。
他はレンコンのきんぴらと冷奴、ザーサイ。(5日夜)
80516カレイの干物





アボガド豆腐サラダ
先日、6個300円ほどで買ったアボガドがいい感じで熟していた。
豆腐とのサラダにしてみた。ポン酢にごま油とわさび、マヨネーズを加えたドレッシングをかけた。
他は鯵の酢じめと白菜の浅漬け、ザーサイ。(6日昼)
80616アボガドと豆腐のサラダ









大政翼賛会へ・・・

前の大戦を「聖戦」視する極右の稲田が防衛大臣になり、同じく極右で言論抑圧の高市が総務大臣留任、核武装論者の小池が都知事についた。自民党の「女子挺身隊」のトップが勢ぞろいした。

続けと神武天皇実在論者で八紘一宇万歳の元スケバンの三原じゅん子や「何もわからない」発言の今井絵理子が参議院の「憲法審査会」の委員になったそうだ。冗談じゃなくて、本当のことなんだよ・・・




こうした自民党の右巻き「国防婦人会」の動きにつられて、ついに民進党の蓮舫までもが、改憲発言を行っている。

民進代表選 憲法改正への対応も争点に
黒字部分をクリックすると元の記事へジャンプします。



ちょうどいい機会だから、「バイバイ、民進党!」・・・






category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

こってり料理はチトきつい!  


塩麹漬け鶏肉と夏野菜のトマトソース煮込み
野菜は、オクラ、ナス、ズッキーニ、新玉ねぎ、赤ピーマンなど。(7日昼)

80716塩麹鶏肉と夏野菜のトマトソース煮込み






オレンジドレッシングを作ってみた。
皮をチーズおろし器でゼストした。
問題はオレンジの果汁とオイルの比率を1:1にしたのだが、油が勝ちすぎた。調整でリンゴ酢を少し加えるとましにはなったが、改善の余地ありだ!おそらくオレンジ果汁とオリーブオイルの比率は2;1くらいでいいのじゃないかな・・

80716オレンジドレッシング




失敗作のオレンジドレッシングをかけられたサラダ
コゴージョ、萵苣、ブロッコリー、プチトマト、オリーブの実のサラダ。
80716オレンジドレッシングをかけたサラダ






貧困問題・介護の問題を考えさせられた!

「生き残ったのが、 父じゃなくて私でよかった」 利根川一家心中事件・裁判傍聴で明らかになったこと
黒字部分をクリックすると元の記事へジャンプします。

きつい話で泣かされてしまった。

この事件は今の日本の格差社会の底辺で起こっている多くの悲劇のひとつで、このように事件化はしていないが同様な事例は数え切れないぐらいあるにちがいない。

格差社会が進行するなかで、下流老人、下流中年、下流若者、貧困子供、貧困母子家庭などが救いようのない「閉塞状況」に置かれている。

自分は時々「貧乏・生活苦」などをテーマにしたブログを読んでいるのだが、そこに記されている内容は、信じられないぐらいの貧困生活である。しかも脱出の可能性が見当たらないのがほとんどだ。

この絶望的な状況を少しでも変えたいと頑張る「雨宮処凛」さんのルポはすばらしい。

彼女の本は読んだことがなかったのだが、「キンドル・アンリミテッド」で2冊が無料で入手できた。

さっそく「酒と泪と政治と子猫 Kindle版」を読了。

のこりは「生きさせろ!」。






category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

暑さには「酢」がいちばん  

冷蔵庫の残りのレンコンでキンピラと酢バスを作った。


キンピラ
このキンピラには酢が入っていて、甘酸っぱいのが特徴だ。
80716レンコンのきんぴら




酢バス
箸休め的感覚で食せる。
80716酢バス




鰹のづけの山かけ
80716鰹の漬けの山かけ






7日の夜の締めは鰹のづけの茶漬け
80716鰹のづけの茶漬け









この世でいちばん大事にされなければならない人々をまるで虫けらのように殺した男

「植松容疑者は正気だった」 ダウン症の娘持つ最首さん
黒字部分をクリックすると元の記事へジャンプします。




相模原の障害者施設殺傷事件 マスコミや世間の反応に違和感も
黒字部分をクリックすると元の記事へジャンプします。


「高齢者は早く死ね」の麻生とか「障害者いじめ」の曽野綾子のような人物がまき散らしている「優生思想」がこういう人物を扇動し、こんな結果をもたらすのだ。

経済が行き詰まり、格差が広がると「人種差別」「障害者排除」などという「薄汚い思想」が大手を振ってまかり通るようになる。

しかも自分の立ち位置が格差の最底辺である「ルンプロ層」ほど、そういう思想に惹きつけられるということは過去の歴史の示すとおりだ。



category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

マドリー弾丸日帰り往復!  

月曜日の夜、正確には9日火曜日の深夜1時半のバスでグラナダからマドリーに向かった。
5時間ちょっとの行程。
朝、7時前にマドリーのバスターミナルに到着。
そこで簡単な朝食をとりながら時間を潰す。


バスターミナルのカフェテリア
80916カフェテリア



朝食のクロワッサン・ショコラとカフェ・コン・レッチェ
80916朝食




8時、タクシーでバスターミナル発。
8時半、目的の場所に着いた。



正面の建物の背後に黄色のマークが見えるが、空港敷地内にあり海外からの貨物を扱う部署のある郵便局である。
80916空港敷地内の郵便局



じつは2週間ほど前に日本から小包が届いたという連絡を受けたのだが、その後、やれ税金がどうなの、送付した書類に不備があるなど次から次へと「難癖」をつけられ、未だ肝心の荷物は手元に着いていない。
埒があかないので、マドリーのこの事務所に直談判にやってきた次第である。

そして、受付に行き、荷物の整理番号を告げると、この荷物は11日に発送されますと告げられた。
なんだか、あっさりしすぎて拍子抜けしたのだが、明後日の木曜日にここから発送されるということは、グラナダには金曜日か土曜日には着くということになる。
確実ですか?と聞くと問題ないという。

こんなことなら、わざわざ徹夜でバスに乗ってこなくても、グラナダから電話で問い合わせたら済んだことだった。

まあ、荷物が届くということが確認できたということは良かったが、複雑な気持ちだった。

時間は9時過ぎ。

せっかくマドリーに来たのだからプラド美術館にでも寄っていこうかと一瞬思ったが、疲れていたので、そのまま引き返すことにした。


バスターミナルに戻り、9時半のバスのチケットを入手した。
80916グラナダ行きのバス




グラナダ〜マドリー間のバスには2種類あって普通バスとデラックスバスがある。値段だが、デラックスバスは普通バスの倍ほどする。デラックスバスは確かに車内は綺麗だし、無料の飲み物サービスとかが付いているが、それだけで値段が倍とはちょっと違うのじゃないかと首を傾げたくなる。
今回は行きも帰りもタイミング良く、普通バス・19ユーロのほうに乗れた。
80916バスの車内。




ハエンをすぎ、グラナダに近づくと、いかにもアンダルシアらしい風景であるオリーブ畑が車窓一面に広がっていた。こんな風景を見てホッとする自分がいかにアンダルー(アンダルシア人)であるかに気づかされた。
ハエンをすぎるとオリーブ畑が急に出現した


グラナダには午後の3時過ぎに到着。


そして、家についてメールをチェックすると、「小包の書類に不備あるので再度書類を送られたし!」という内容のメールが郵便局から送られてきていた。
いったいどうなっているの?
怒ったらあかん!
スペインってこんな感じなんだよね・・・
まあ、今週いっぱい待ってみよう・・・




夜は疲れていて食欲がなかったのであっさりしたものを作った。
緑豆春雨サラダと中華風冷奴
他は作り置きのレンコン2種類と白菜の漬物
80916はるさめサラダと中華風冷奴








いつの間にか「弥栄!天皇制日本国」になっていた

極右政権の憲法破壊工作が進行するなかで、天皇が護憲的発言をするたびにその存在感が増すという舞台装置が整ってゆき、今や「天皇陛下万歳!」の雰囲気がいわゆるリベラルと言われる人々のなかにも醸成されてしまっている。
そして、そうした状況のなかで今回の「生前退位」発言があった。




象徴としてのお務めについての天皇陛下お言葉
黒字部分をクリックすると元の記事へジャンプします。




リテラ > 社会 > 政治 > 天皇「お気持ち」で安倍と日本会議牽制 天皇が「お気持ち」で生前退位に反対する安倍政権や日本会議へ反論! 象徴天皇を強調して戦前回帰けん制も
黒字部分をクリックすると元の記事へジャンプします。






天皇陛下の生前退位、「賛成」84% 朝日新聞世論調査
黒字部分をクリックすると元の記事へジャンプします。




こうした今生天皇陛下万歳の雰囲気が、その父である「昭和天皇」の前の戦争責任や現在の沖縄の基地問題に対する責任の免罪の正当化につながっている。


<社説>昭和天皇実録 二つの責任を明記すべきだ
黒字部分をクリックすると元の記事へジャンプします。






辺見庸の憤怒!

汝アホ臣民ニ告ク
黒字部分をクリックすると元の記事へジャンプします。


今の言論界でこうした辺見のような主張はますます影を潜めてきている。

極右政権に対して大同団結しなくてはという強迫観念が、思想的課題を消し去り、ただただ「統一戦線」への同調圧力となっている。
結果、わけのわからない「野合」が生まれる。
そしてその野合はいずれ下からファシズム体制を支えることになるだろう・・・

杞憂だろうか?








category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

スーパーの魚売り場も魚の陳列が少ない  

もしかしたら、この時期、漁師も夏休みなのだろうか?
魚の種類も少なく、量も限られている。
もちろん、客足も減っている。

鰯を買った。
久しぶりの「イワシの塩焼き」10日昼
81016イワシの塩焼き





ナス煮
珍しく皮の柔らかいナスが手に入ったので、揚げ煮ではなくて、そのまま煮た。
81016ナス煮






中華食材店で売っていた謎の漬物
白菜の芯のようなところが漬けられている。
味は塩辛くもなく、昆布の風味がしてまずまず。
これは中国人向けのものなのか、それとも日本人向けに漬けたのものなのだろうか?
よくわからないが食している。
81016中国食材店で買った漬物04






山芋でいっぱい10日夜

81016山芋



おやすみなさい、また酔っ払った。







category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

メザシにトライ!  


カタクチイワシの腸をとって、塩水につけてから網かごに入れて干してみた。
半日ほどで程よいできの「メザシ」に仕上がっていた。
81116メザシ作り







市場の奥の魚屋でマグロの切り身が売られていたのだが、自分の前の客が買ってしまったので、手に入らなかった。
仕方がないので、他の店で買うことにした。
オヤジにこれは解凍ものじゃないよね、と念を押して買ったのだが、パサパサだった。
漬けならなんとかなるかもしれない。
81116マグロ






大根とイカの煮物
先日、アルカンポに行ったら、素晴らしい大根が売っていたので、2本も買ってしまった。
久しぶりにイカと煮た。大根の下処理をレンジでやったら、硬いままだったので、煮るのに時間がかかった。だし汁も煮詰まるしヒヤヒヤものだったが、結果オーライ。
81116大根とイカの煮物






中華風冷や奴
トッピングがオクラだけではつまらないので、ピクルスも細かく切ってのせてみた。
中華風のドレッシングをかけた。
81116中華風冷や奴





鯵の干物の茶漬け
夜はまたもや茶漬け。クセになる!
81116鯵の干物茶漬け










Kindleアンリミテッド(読み放題)で入手した本3冊。


雨宮さんの聞き取り力がすごい。
自分の体験や問題意識をベースにインタビュー相手の主張を引き出しているので、単に相手の話をふんふんと聞き取っている以上の問題提起ができている。

小出さんの本は、「老後戦闘宣言」というもので、いちいちなるほどと頷けた。
あとがきで書かれていたが、シールズの評価でそれとなく「色の違いで誰かを排除するな」と諭しているのは「シールズが党派の学生を排除したこと」を指してのことだと思うが、そこを読んでそのとおりだと感じた。(辺見庸がシールズに怒った事件)。腐りきった猪瀬やテリー伊藤のような全共闘崩れが大きな顔をしているなかで、筋を通している数少ない同世代人だ、(私より5歳ほど若いが・・・)

70年代に小出さんたちの伊方原発反対闘争の立て看を大学の友人を訪ねた時に見ていたので、彼があれからも一貫して反原発で戦い続けていたことに頭がさがる思いがした。
退官、まずはご苦労さん!でした。




雨宮処凛著「酒と泪と政治と子猫  Kindle版」

酒と泪と政治と子猫

内容紹介
どんなに頑張っても報われない気がする──。
そもそも、何をどうすれば幸せになれるかわからない上に、
最低限、野たれ死にしない方法もわからない──。
「生きづらさ」に一貫して向き合ってきた著者による、
考えるヒント満載のコラム集です。





「生きさせろ!難民化する若者たち (ちくま文庫) 」

生きさせろ


内容紹介
フリーター、パート、派遣、請負・・・・不安定化する若者たちの労働現場。そのナマの姿を、自身も長年フリーターとしてサヴァイブしてきた著者が取材した渾身のルポルタージュ。この国の生きづらさの根源を「働くこと」から解き明かす宣戦布告の書!!
我々は反撃を開始する―。
若者の貧困と、怒濤の反撃を社会に訴えた記念碑的ノンフィクション。
なぜ「生きる」ことがこんなに大変なのか?
企業に使い捨てられる派遺社員、名ばかり管理職の正社員、そして急増する若年ホームレス。作られた不安定層=プレカリアートの実態を徹底取材




小出裕章著「原発と戦争を推し進める愚かな国、日本 Kindle版」

小出裕章「原発と戦争を・・・日本」


内容紹介
反骨の原子核工学者、京大退官後、初の書き下ろし

2011年3月11日、東京電力福島第一原子力発電所の事故が発生。大量の放射性物質が環境に放出され始め、その日のうちに原子力緊急事態宣言が発せられた。事故から4年半たった今も、この緊急事態宣言は解除されていない。敷地内からは今も放射性物質が放出し続け、汚染水が増え続け、下請け、孫請け労働者の被曝も続いている。また、10万人を超える人たちの生活が根こそぎ破壊されたままである。復興への道はいまだ遠く、事故は収束していない。
しかし、安倍政権は、そうした状況であることを国民に忘れさせ、経済発展に目を向けさせようと、原発再稼働と原発輸出に躍起になっている。
さらに政府は、戦前の治安維持法の焼き直しである特定秘密保護法制定、武器輸出三原則の撤廃、集団的自衛権を認める安全保障法制の制定と、矢継ぎ早に戦争へのレールを敷いている。
本書は、著者が京都大学原子炉実験所を定年退官して初の書き下ろしとなる。45年にわたり原発の危険性を訴え続けてきた信念の科学者が、原発を推し進める巨大権力に対し、残りの人生を賭けて闘う決意を綴った覚悟の書。



3冊ともKindleアンリミテッドで無料購入した本である。今はまだお試し期間なので月間の代金も0円。
アマゾンの提灯記事のようで恥ずかしいですが、このシステムはオススメです!



category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0