梅安亭日乗

「TOKASUどこか遠い空の下で」を改め「梅安亭日乗」としました。

インプラント1本目完了!  

と、思いきや、違った。
まず、歯石を取ることから始まった。

そして、それを終えて、抜糸がなされた。

ここまでは想定通り。
ところが、それ以上の進行はなかった。

次はレントゲンを撮るのが来年の1月末、装着するのが2月末だとのこと。

その前にもう一本のインプラントの土台埋め込み治療が12月16日にある。
なんだかよくわからないが、時間がかかりそうだ。

おそらく、全てが終了するのは、来年の2月末か3月になるのだろう。

歯石を取ってもらって、歯が少しはきれいになった。


ありがとう!

今日も隣のカジェのオヤジが付き添ってくれた。

二人で帰りにバルを2軒ハシゴした。

「カスタネーダ」にて

120316カスタネーダにて歯医者の帰り














裏切者を見るとうんざりする


有権者への裏切り 三反園知事が川内再稼働を事実上容認
黒字部分をクリックすると元の記事へジャンプする。

もともと、こやつは裏切るつもりだったのだ。
政治部記者でながいこと中央政界の腐った政治屋の手法を見続けてきて、それを真似て実践しただけである。
情けない男だ。
こんなのがマスコミに長くいたことが、現在のマスコミの劣化につながっているといえる。

腐れ!




category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

またもや鱈を1尾買った!  

こちらは以前買ったのよりも少し大きかった。
2キロ半もあり、値段は2500円ほどした。
5回分に分けて、今日の分以外は冷凍庫にしまった。

120216鱈を1尾買った






<鱈ちりセット>

120216鱈ちりセット




<本日の一人鍋は鱈ちり>
「鱈腹」喰った!

120216一人鍋






<夜中に具沢山スープを作った>
モルシージャ(血入りソーセージ)や生のウィンナー、ひよこ豆などが入っているごった煮スープ。

120216具沢山スープを夜中に作った






<朝食はこのスープとパン>
寒い冬の朝は体が温まる。

120216朝食はスープとパン






<日本のあられが売っていた>
クリスマスが近づき、スーパーではお菓子のコーナーが作られている。
そこでは量り売りが主流で、なんと日本のあられも売っていた。
やや、高めだが、美味しかった。

120216おかきの量り売り













社会的弱者を「見捨てる」から「非難・抑圧する」対象へと変わった歪んだ風潮

弱者は迷惑なのか 嫌な社会風潮と安倍内閣の支持率上昇
黒字部分をクリックすると元の記事へジャンプする。





category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

深夜のキムチ作り・レシピ公開!  

中華食材店で「キムチ」を買った。
これで5.5ユーロ(660円ほど)。

120316キムチの瓶



ふたを開けると経年劣化のためか、白菜がヨレヨレだった。

120316瓶の中だが、経年劣化で白菜がヨレヨレだった




隣人曰く、「おじさんのキムチ、これより美味しいよ」

何?これよりうまい・・・

「おだてられりゃ、木に登る」ブタ爺ィはその一言に喜び勇んで、久しぶりにキムチを作ることにした。

作り方は以前、グラナダにいた韓国人の友人に教えてもらったものである。




公開!簡単自家製キムチ作り



<まずは白菜の塩漬け>
白菜は大玉の半分。
4等分を目安に、根元に切り込みを入れて手で裂く。
塩を打っておく。
重しに、6キロのダンベルをのせて6時間ほど置いておいた。

120316ダンベルの重しでつけた白菜の塩漬け





6時間後には水が上がっていた。水の上がらない時は少し誘い水をするといい。
最低でも3時間はつけておくこと。
そして、それをしっかり絞る。

1203166時間後にはこうなっている




次は餡=ヤンニョム作りにかかる



<大根の千切り>
大根半分ぐらいを千切り用の道具にかける。
別に包丁でやってもいいが、これだと楽。

120316大根の千切り







<ネギの千切りとニラ>
ネギ一本を千切りにした。これは包丁でやる(笑)
ニラ半束を適当な長さに切る。5センチほどか?

120316ネギの千切り







<りんごのすりおろし>
これは洋ナシとかでもいい。りんご半分ぐらい。

120316りんごのすりおろし2







<ニンニクと生姜をする>
ニンニクを6かけ
生姜は親指ほど

120316ニンニク6個、生姜親指ほどをする







<餡に味付けする>
唐辛子の粉大さじ3杯から4杯。
砂糖大さじ2杯
味の素大さじ1/3杯 ・・・だしの素でもいい
はちみつ大さじ2杯・・・大さじ1杯でいいかも。マイルドな味の好きな人は2杯。

これは適当に好みでやってください。

120316味付け。唐辛子、砂糖、味の素、はちみつなど







<ニョクマム=魚醤を加える>
アンチョビ・ソースでもいい。
要はこれで発酵させるのである。
量は適当だが、大さじ3杯ほどか?

120316ニョクマムを投入。





餡=ヤンニョムができたらあとは仕上げ


<餡を白菜に詰める>
葉と葉の間に餡を詰めてゆく。

120316最後の工程。餡を白菜の葉の間に詰めていく





<漬け込み完了!>
これで3日待てば食べられる。

120316キムチ漬け込み完了









category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

グラナダがやっと勝った!  


まあ、セビージャ相手だと勝てるわけないが・・・と思いつつ応援メニューを作って待っていた。


<グラナダ初勝利祈願メニュー>
鳥の唐揚げ、パドロンと豚肉の甘辛煮、モロッコインゲンとウィンナー入りのポテサラ、白菜の漬物

120316グラナダ応援メニュー





もしかして清武が出てきたら、どちらを応援したらいいのだろうか,なんて考えていた。

ところが、試合が始まってもテレビ放送がない。

仕方がないので、ラジオで聞いていた。

すると、グラナダが先制、追加点を挙げていた。

セビージャに1点返されたが、2:1で今季初勝利。


びっくりしたな。

こんな日に限ってテレビが見られないなんて・・・



YouTubeで見るをクリックすると見ることができる。


順位が最下位を脱出して19位になっていた。

うまく、あとちょっと勝てば17位ぐらいまで行けそうだ。



<清武は出番なし>

デポルティーボが欲しがっているようだから、できたら移籍して、常時出場するのが先決だ。

活躍して、あの「サンパオリ監督」を見返してほしいものだ。









そのあとにエル・クラシコ!レアルマドリー対バルサの試合があった


こちらもテレビの中継を見ることができなかった。

バルサがリードしていたが、試合終了直前に同点に追いつかれた。

1:1の引き分け。

バルサは惜しい試合を落としたものだ。

それにしてもバルサはおかしくなっている。前のレアルソシエダの試合なんかひどいものだった。










category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

インターネットでスペインリーグの試合を見ることにした  

我が家のケーブルテレビは3日ほど前から、スペインリーグ(リーガ・エスパニョーラ)の試合が見られなくなった。

ケーブル会社の意図は、どうやら、各契約者に「smartbox」を導入させて課金をするつもりのようだ。

そこでいろいろと調べてみると、インターネットの「Bien Sports」 というサイトでスペインリーグの試合が見られるということがわかった。

一カ月10ユーロ(1200円)ほどで全試合を見ることができるのだ。

最近は乾が常時先発しているから、この際入ってみるか・・・・

というわけで、ネットで「Bien Sports」の加入手続きをした。

16時15分からの乾のでる「エイバル対ビルバオ」の試合まで、2時間ほどあった。

ところが、加入手続きを終えたので、そのサイトを開いてみようとしてもなかなか開かない。

Macで見るときは「FireFox」を入れなくてはならないという指示があり、ダウンロードした。

次にマイクロソフトの「Silvelight」というアプリも必要ということで、これもダウンロードした。

ところが、ここからがなんどトライしても肝心のリーガの動画へアクセスできなかった。

奮闘すること3時間半。

乾の試合はとうに終わってしまっていた。


アホみたい!疲れた!


明日にでも退会の手続きをしなくてはと思い、退会手続きの窓口とその場合のスペイン語ではどう書くのだろうと考えていた。


そうこうするうちに、ダメ元で今度はWindows搭載のSurfaceでトライしてみることにした。

こちらは「FireFox」ではなくて「Explorer」から入って、同じく「Silverlight」を起動させると見ることができるということだった。

Macの場合と同じ場面で膠着してしまった。

真っ黒な画面でうんともすんとも言わない。

ところがだ、諦め半分でほっておいたら黒画面から、突然、動画が出てきたのだ。


やった!

画面はテレビよりもはるかに綺麗で素晴らしいものだった。


そこで、再度Macでトライ。

こちらもイラつかずに我慢して待っていると真っ黒な画面から動画が出てきた。

なるほどね。

ストリーミングに多少時間がかかるのに、すぐにイラついてその画面を消していた自分が悪かったのである。

「せっかち」「いらち」が失敗の原因だった。

エエ年こいで、イラついたらあかんがな・・・という教訓でした。(笑)

キャンセルしなくてよかった。


乾の試合は見ることができなかったが、おかげで、これからはリーガの試合は全部見るとことできるようになった。










ところで、本日の乾はまたもや大活躍


エイバル対ビルバオのバスク・ダービー(同じバスクをホームにしているから)



YouTubeを見るをクリックすると見ることができる。


乾は得点はできなかったが、アシストを決めている。

あのヘディング、なかなかのものだった。

いいね!

次は得点だ!









キムチ鍋を作ってみた


先日買った中の白菜がヘニャヘニャのキムチの瓶をなんとかしなくてはと思い、キムチ鍋にした。
キムチを豚肉と一緒にごま油で炒める。
次に水を加えて、沸騰させた。
味覇、コチジャン、醤油、みりん、豆板醤などを入れて味付けをした。



120416キムチ鍋にトライ

へたった白菜キムチも鍋に入れると全く問題はなかった。

あったまって、最高!



category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

連日のキムチ鍋!  

仕込んだキムチがそろそろ食べられそうになったので、ご近所さんを呼んで「キムチ鍋」宴会をやった。
自分は昨夜もキムチ鍋を食したのだが、今日もうまかった。

120516キムチ鍋で乾杯




120516ご近所さんを呼んでキムチ鍋

ご近所さんもうまいと褒めてくれた。

ご近所さんにはお土産に「キムチ」を持って行ってもらった。


シエスタした後、夜にキムチ鍋の残りの汁に麺を加えた「辛ラーメン」を作った。

これが、美味すぎてしびれた!

「梅安辛ラーメン」

120516梅安辛ラーメンは死ねる!




「キムチ処・梅安亭」
やるね、と自画自賛。









いいなあ、「Bien Sports」

昨日苦労してインストールした「Bine Sports」だが、携帯電話にも入れた。
これで、外出中も試合を観られる。



携帯での画像

120516携帯電話にも入れた



IMacでの画像

120516IMacの画像



ストリーミングの画像がこれほど綺麗だとは思わなかった。







category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

「かき揚げ」と「厚揚げ」  

お昼に、玉ねぎ、人参、イタリアンパセリで「かき揚げ」を作った。

120616お昼に作ったかき揚げ





かき揚げを肴に一杯
サクサクで美味しかった。

120616かき揚げを肴に一杯






お昼の〆は「かき揚げ丼」

120616かき揚げ丼







夜は「鍋焼きうどん」

120616夜は鍋焼きうどん



これだけ利用すれば「かき揚げ」も値打ちがある。







「厚揚げ」作りに失敗した

かき揚げはうまくできたが、その前に揚げた厚揚げは大失敗だった。


カチカチの厚揚げ

120616カチカチになった厚揚げ





揚げたての時はなんとか食べられたが・・・

120616色も悪いし、歯ざわりもカチカチだった



カチカチになってしまった理由は水切りが過ぎた?水切りを1時間で十分なのに、半日もやったのが悪かったのかもしれない。
豆腐が悪かった。今回はいつもの豆腐ではなくて、アルカンポで買った豆腐で、木綿だが、表面に穴があるほどの硬い豆腐だった。
色が悪いのは揚げ油がまっさらだったことが原因だと思う。少し、使った油の方が綺麗なきつね色になる。

早急にリベンジをしなくては・・・・


ということで、本日の揚げ物は1勝1敗だった。









寝床で読み終えた本 宮本常一著「山に生きる人びと」

山に生きる人々 表紙

これはKindle版で読んだ。

読んでいると、日本の山奥の集落に連れて行ってもらったような気分になったものだ。
山また山の奥地の緩斜面や急斜面にへばりつくようにして家がポツリポツリと建っているのだが、どうしてこんなところに人が暮らしているのだろうかという疑問に対して、その背景にはこういう事情があったのかと教えられた。
尾根道を歩き、道なき道を踏み分けて峠を越して行く、宮本常一の後ろ姿が見えたような錯覚に囚われた・・・

次は海に連れて行ってもらおう・・・「海に生きる人びと」を買うつもり。



category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

黄洛(こうらく)  

木の葉が黄色に色づいて落ちることを指す言葉を黄洛というそうだが、

この時期は、一年の終わりを意識させられて、なんとなくしんみりとさせられる。

まして、自分のように老い先短い人間には、この黄洛がこれから先、何度観られることだろう

か、と考えてしまう。

ところが、毎朝、道路を掃除している市の清掃局の作業員やテラスのあるバルの従業員には、

自分のちっぽけな感傷とは無縁の、落ち葉掃除のしちめんどくさい作業が続く日々である。

あと少しすると、市役所の公園管理課の職員がやってきて、枝を切り落とすのだが、

今のところまだ始まっていない。




我が家の前のプラタナスの巨木
この目の前の枝が切り落とされると我が家からもアルハンブラ宮殿がよく見えるようになる。

120716黄洛










今週は飛び石連休

昨日と明日が祝日で飛び石連休となっている。

今日(水曜日)はその中日で、店は買い物客でごった返してしていた。

いつもカタクチイワシの稚魚を開く店に行ったら、新鮮そうな鯖があったので、買った。

120716鯖を買った








<シメサバ>
さばいてみて、身が綺麗だったので、酢締めにしてみた。

120716シメサバを作った







<鱈の煮付け>
冷凍庫の鱈を解凍しておいたのだが、最初はトマトソース煮にしてパスタのソースにしようと思っていたのだが、シメサバを作った関係で、和風の煮魚にした。

120716鱈を煮付けた








<鮭ご飯>
〆は冷凍してあった鮭ご飯をちーんした。

120716鮭ご飯




category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

裁判所に期待などできないこの国!  

自衛隊機の飛行差し止め認めず 最高裁、行政訴訟で初判断
黒字部分をクリックすると元の記事へジャンプする。


「司法による行政の適正な監視という制度本来のあるべき目的、その意味での三権分立の趣旨の実現は、日本では、ほとんど達成されていない」(瀬木比呂志「ニッポンの裁判」より)





アベが「自分は『立法府の長』だ」と発言したことがあるが、今後はもしかしたら「自分は『三権の長』だ」と言いかねない。
それくらい、日本では三権分立の制度が崩壊している。


司法界に身を投じる人に果たして、社会的正義に燃えている人などいるのだろうか?と疑ってしまう。
例えば、あの小池都知事の太鼓持ちの若狭なんてヤメ検だが、こうした検事とか裁判官の退職後の政治家への転出を禁止すべきだ。

原発訴訟などを見ると下級審ではわずかに良識ある裁判官がいるが、上級審へ行けば、裁判官はほとんどが政府の顔色をうかがっている連中で占められているのが実情だ。

なんとも、ひどい世の中になったものだ。







簡単にできる箸休め

以前にもなん回か紹介したのだが、今回は写真を撮ったので、再度紹介する。(ボケていない!)

大根の皮を千切りにして、ポン酢に漬け込むだけでできる簡単漬物。
これが美味いのだ!


そうそう、我が畏友のU大兄はこの大根の皮を「切り干し大根」の代わりに使っていると言っていた。歯ごたえがあってうまいそうだ。今度トライしよう!



大根の皮を厚めに剥く。(残りの大根は煮物で使う)

120816大根の皮を厚めに剥く





皮を千切りにする。あまり細く切るとサクサク感がなくなる。

120816それを千切りにする



市販のポン酢を用意する。(自分の場合は、りんご酢と醤油を半々に割ったもので代用)

120816ポン酢を用意する







蓋がきっちりできる容器で大根よりやや少なめのところまでポン酢をかける。
冷蔵庫に保管するとき、臭うので、ラップなどでしっかり覆うこと。
最低数時間後から食せるが、1日おくとなお良い。
パンチが欲しい人は食べる時に、七味唐辛子をかけてもいい。

120816ポン酢をかける。冷蔵庫で臭うのできっちり蓋をする。








カニかまぼこで「偽天津飯」


夜(8日)、天津飯が無性に食べたくなったので、作ってみた。
カニ缶がなかったので、カニかまぼこで代用した。いわば「偽天津飯」だ。
まあまあの出来だが、もっと甘酸っぱくしても良かった。
「王将」の甘酸っぱい天津飯が恋しい。
所詮、自分はC級グルマンなんだなと再確認・・・

120816偽天津飯







<鱈のワイン蒸し>
今日の昼は解凍した鱈を使って、白ワイン蒸しにした。
他はキムチとしめ鯖ときゅうりの酢の物。

120816鱈のワイン蒸し










これ、もしかして「タックスヘイブン」の広告?・・・



脱税3人衆

ご存知、ネイマールは懲役2年(執行猶予付き)の刑が確定しそうだし、メッシーは例のパナマ文章にも名前が出ていて、先日も裁判所に召喚されていた。そしてつい数日前にテレビで、Cロナウドが肖像権で得た185億円に対する巨額脱税が報じられたところだ。

まさに「脱税3人男」だね・・・









読み終えた本 池田清彦「世間のからくり」


120816世間のからくり


世の常識といわれる支配的な言説を全否定。
その背後にいる怪しげな勢力=利権集団を糾弾している。
つまり「世間のからくり」のインチキ性を見事に暴露していると言える。
まあ、どれもよく耳にする主張で、とりたてて新しい主張とは思えないが、自説をきっちりとわかりやすく説明する力には脱帽。(癌についての遺伝子など著者の該博な知識を聞かされても、無知な自分にはチンプンカンプンだったが・・・)
何事にも懐疑的な自分には、これほど自己完結的な主張ができる生き方を羨ましく思った。
それにしてもKindleで買ったのだが、ちょっと高かった。





category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0

あかん!目の前に・・・  

今日は飛び石連休が明けて、お店も開いている。

朝はかなり寒かったが、時間が経つとすぐに気温が上がるのがグラナダだ。

最初に市場に行った。

市場ではあまり買い物はしないのだが、一応ウロウロはする。

そして、魚屋の方に向かうと、妙なシルエットが見えたのだ。(右手の店に注目)

120916市場の魚売り場



近寄ってみると、そこには・・・

120916生のマグロが・・・



マグロはここ当分は控えようと決めていた・・・



あかん!


おもわず後ずさりして、市場の外に出た。

「あんな解体中のマグロ見たの、久しぶりやなあ・・」

「そやね、値段も安かったな」

「もしかしたら、すぐに売りきれるのちゃう?」

「そんなんことないやろ|」

「あれでキロ24やて。安いやんか」

「そやなあ・・・」

「今買わんかったら、なくなるで」

「そやろか・・・」

なんて独り対話をしながら、市場の外で立ち止まっていた。



迷ったが、「アホな決断は素早い」のが爺ィの特徴。

戻ってすぐに買ってしまった。

キロ24ユーロの赤身の部分。

500グラムぐらい買って13ユーロ弱だった。

<マグロの塊>
問題は赤身と血合いの区分がどうなっているのだろう・・・

120916マグロの塊




<マグロの刺身>
味がしっかりしていた。
やはり生はうまい!

120916マグロの刺身





<キムチポッカ>
キムチと豚肉でキムチポッカを作った。

120916キムチポッカ





<9日(金)の昼酒メニュー>
他はしめ鯖ときゅうりの酢の物、大根の皮のポン酢漬け

120916昼酒





<リベンジ・厚揚げ>
今回はいつもの豆腐で作ったので、何の問題もなかった。
前回の失敗は、やはり豆腐に問題があったようだ。

120916リベンジの厚揚げ












上り調子のグラナダが格上のマラガと引き分けた

マラガに先制されるも後半80分過ぎで同点に追いついた。
その後、マラガの追加点がオフサイドと判定され、窮地を逃れた。
前試合で3位のセビージャに勝って、今度は11位のマラガと同点引き分けと確実にチーム力が上がっている。
以前に比べ、点を取られなくなった。


ところで、グラナダのゴールキーパーのオチョアだけれど、マラガからお払い箱同然のレンタルでグラナダに来ている。今日はファインセーブを連発して、さぞ気持ちがいいだろうね。

ルーカス監督、指導力ある!




見られない時はYouTubeで見るをクリックしてください。










category: スペイン・グラナダ

tb: 0   cm: 0