FC2ブログ
2018/05/09

ビッグ・ブラザー「でんでん」の嘘がばれないように元の文書を書き換えることを「改ざん」という

麻生氏、公文書改ざん「どの組織だってある個人の問題」
青字部分をクリックすると元の記事へジャンプする。

「アホウ」なことを言いなさんな。
公務員がわざわざ、文書を改ざんしてなんのメリットがあるというの?
あの自殺した近畿財務局職員のメモには、上からの指示・強制があったことが記されている。
個人が勝手にやったのではなくて、官邸の指示を受けて組織ぐるみでやったということだ。


自殺した近畿財務局職員が「自分1人の責任にされてしまう」のメモ! 財務省理財局でも責任押しつけの犠牲者が
青字部分をクリックすると元の記事へジャンプする。




1984年の新訳本


公文書の「改ざん」なんてこと知って、ジョージ・オーウェルの「1984年」を思い出した。そう思って、つい最近、昔読んだ「1984年」を取り出して読み返したのだが、字が小さくてとてもじゃないが、老眼のジジイには無理だと思っていたら、新訳のKindle版があると知って、早速購入した。

主人公のウィンストンは日々、「ビッグ・ブラザー」の言動と一致するように過去の文書を改ざんする仕事についている。

過去は現在の状況に合致するように変えられる。
(ジョージ・オーウェル; 高橋 和久. 一九八四年 (ハヤカワepi文庫)より )








瘋癲老人の眼(los ojos del viejo callejero)


■昨日紹介した「Basílica de Nuestra Señora de Las Angustias」(アングスティアス聖母教会)

20180508アングスティアス教会


その中に入って写真を撮ってきました。

Basílica=バシリカ建築様式とは、長方形の平面を持ち、内部にクリアストーリ(採光用の高窓)と列柱のアーケードを持つ建築物(Wikipediaより)だそうです。


その右側の柱廊

20180509アングスティアス聖母教会2



こちらは左側の柱廊

20180509アングスティアス聖母教会3



そして正面にはグラナダの守護聖母である「アングスティアス」様が祀られているという次第です。

20180509アングスティアス聖母教会1






梅安亭・本日は「ビーフステーキ定食」



20180509ステーキランチ





コメント

非公開コメント